ごあいさつ

お墓参りの新しいスタイルとして、「納骨堂」がいま注目を集めています。
「納骨堂」とはそもそもどんなお墓なのか、どんなメリット、デメリットがあるのかなど、本サイト「納骨堂の杜」では、今までのよくあるサイトとは、少し違った観点から選び方のポイントなどのご紹介をさせていただこうと思います。
また、宗派や設備、費用、立地などのキーワードで納骨堂を検索することができます。

お墓参りは、誰のためのものでしょう。今を生きているご自分のためのものです。
ただ遺骨を納めるだけではなく、亡き方との別れをきっかけとして、亡き方を訪ねることによって、ご自分のいのちの意味に気づかされる場所と言えます。だからこそ、慎重に選びたいものです。
納骨堂のポータルサイト「納骨堂の杜」で、あなたにぴったりの納骨堂を見つけていただければ幸いです。

正しい納骨堂の選び方

  1. まずは納骨堂を知りましょう
    納骨堂は、お墓の一つのスタイルです。以下が納骨堂の主な特長(メリット)です。詳しくは「納骨堂の基礎知識」をご覧ください。

    • 宗旨や宗派を厳格には問わない所が多い
    • 当初の費用・管理費が墓石に比べて安い
    • ロケーションがよく、お参りがしやすい
    • 屋内のため、季節を問わず快適にお参りできる
    • 永代供養も可能な施設も多く安心

    などがあげられます。

  2. デメリットは?
    • 管理期間がある施設が多く、期間満了時は契約を更新する必要がある
    • 納骨できる人数に制限がある

    このデメリットも、納骨堂施設によってさまざまな対応がなされており、予め相談することをおすすめします。

  3. ロケーションがポイント
    納骨堂選びの最も大切なポイントの一つがロケーションです。いつでもお参りに行ける、身近なお墓としての納骨堂のメリットを最大限活かすことが何よりです。
    その昔、田畑がある時代々同じ場所で暮らしてきました。ですから、何百年もお参りできるように雨風耐えられるように墓石にしたのでしょう。
    ところが、都会では、一か所に定住することがなくなりました。一人の方でも生涯の間に何度か引っ越しされるようになった。まして、お子さん、お孫さんに至っては、どこに住まわれるか、全く分かりません。その結果、皆が、どこに住んでもいいように、交通至便な場所が求められ始めた。都会で、墓石を建てると経済的にも大変だ。そうした結果、都市型納骨堂というものが現れたのだと思います。将来、皆が、どこに住んでもお参りに来られる場所が求められたのです。
    都内・首都圏にも交通の利便の良い納骨堂が多数あります。ご自分のライフスタイルに合わせて、最適な立地の納骨堂を選びましょう。
  4. 永代供養が安心
    現代は、少子化の時代です。後継者の問題が、やはり、納骨堂普及を後押ししました。墓石を建ててしまうと、後で、その管理でお子さん方が苦労する。そうした心配に応えるために、納骨堂という形式が普及したのです。納骨堂の多くは、継承者を必要としない永代供養墓です。残されたご家族の継承負担がありません。生前予約も可能なので、ご夫婦やお子さまとよく話し合って決めることをおすすめします。
  5. 墓石の費用が高い
    これも、納骨堂を普及させた理由です。
    都内で、一般的な墓石を建立しようと思えば、永代使用料+墓石代+工事費等で300万円以上は掛かります。納骨堂は、その1/4~1/3の費用で用意できます。
  6. 分骨の場合のご注意
    分骨の場合は、自分の一存だけで行うことはできません。遺骨に必ず所有者(祭祀の承継者=葬儀の喪主)がいます。分骨を行う際には、その方の承認が必要となってきます。トラブルの元になることもありますので、事前によくご相談をしておきましょう。
  7. オプションについて
    当然ですが、納骨堂の施設ごとに料金体系が異なります。
    納骨堂使用料(当初費用)と年間管理費などが基本的にかかります。
    その他、永代供養、ご遺骨収蔵、法名・戒名授与、名義変更手続きなど、別途費用がかかるケースがあります。また、施設によってはこれらが当初費用に含まれるところもあります。
    納骨堂を調べる際には、基本的な料金はもちろんのことオプション費用もしっかりチェックしておきましょう。